アトナリ

西東京市、みんなのおとなりにアートを

西東京市のアートを身近に

アトナリ とは

こども たちの創造力・表現力を刺激するうえで必要不可欠なアート。にも関わらず、西東京市には美術館がありません。
アートを気軽に楽しめる環境を身近にしたい。お家の”おとなり”にアートがあるように感じられる街にしたい。
アトナリは、西東京市にアートを組み込むプロジェクトです。

主な活動

カフェ・ミュージアム構想

はじめた想い

私には、5歳と0歳の2人の子供がいます。2人が大人になるころの社会はどうなっているのでしょうか。新しいアイディアに対する価値が高まり続けていくのでしょうか。そんな未来は楽しくもあり、また、これまでの常識が通じない厳しい道のりでもあります。

2人には、のびのびとした感性で、独創的なアイディアを思いつくような人、瑞々しい感性で、周りと調和したビジョンを思い描ける人になってほしい、と思っています。

このため、日常的に美しいものに触れ、絵画等を通して自己表現できる環境を、西東京市に作りたい。

そんな想いで、このプロジェクトは始まりました。

展覧会の情報はTwitterで

@ATONARI_TOKYO

カフェ・ミュージアム構想​

右図は、西東京市を含む周辺市区の美術館の設置状況です。

西東京市には、美術館がありません。

居住する市区町村に美術館がなければ、アートに触れられないかと言えば、そうではありませんが、拠点となる施設がないことで、アートに触れる機会が損なわれている可能性はあります。

 

西東京市にも美術館を作るべきか?

一般的に、美術館の建設には、数億円〜数十億縁規模のお金が必要となります。

市の財政状況を考えると、新たな美術館を建設することが最善の策とは言えません。

当然、維持コストも必要となりますので、利用者が少なければ運営負担も重くなります。

美術館なしに、アートに触れる環境をつくることはできないのでしょうか。

美術館より気軽にアートを楽しむ方法

肩肘はらず、普段の行動動線の中にアートがある。

カフェでリラックスしながら絵画を楽しむ。

そんな街があっても素敵かもしれません。

確かに、街の雑踏は、絵画作品にとって、快適な場所ではありません。

貴重で保存状態に配慮が必要な絵画は不向きです。

でも、市民が自ら制作したアートを気軽に展示し、

お気に入りの作品や作家と交流するうえで、

カフェは最適な場所です。

趣旨に賛同し、ご協力いただけるカフェオーナーのみなさまと連携し、

西東京市のカフェを美術館に変えていく。

カフェを利用した人は刺激を得て、創作に活かし、

その作品をまたカフェに展示する。

アートを軸した交流が生まれる。

それが、「カフェ・ミュージアム構想」です

運営

2013年より西東京市在住。 2018年度「西東京市若者サミット」に参加し、まちづくりへの関心が高まる。2児の父​
道下 良司
発起人

お問い合わせ

(Visited 42 times, 1 visits today)